カテゴリー別アーカイブ: WEB戦略

WEBの戦略的な使い方

『私は・・・』で伝えなければ伝わらない

地域密着工務店のよさの一つに

  • 社長の顔が見える
  • 社長の思いが伝わる

というものがあります。

 

S〇ハウスは大きな会社ですが、

社長の顔を知ってるお客様がどれだけいるでしょうか?

S〇ハウスの社長が家づくりにどんな思いを持っているかを知ることはほぼ無いでしょう。

 

しかも、S〇ハウスの社長に家を建てるお客様が会うことはありません。

上場している大きな企業ほど、その意識は株主に、経団連に向いているはずです。

ハウスメーカーは大きくて立派な会社かもしれません。

 

しかし、地域に対する思いや愛情は、

工務店の社長のほうが熱い思いを持っているはず。

 

ですから、その思いを社長自身の言葉で、

スタッフに、そしてお客様に

自信を持って熱く伝えてください。

 

  • 何故あなたはこの仕事をしているのでしょう。
  • どんな時にあなたは喜びを感じるのでしょう。
  • どんな時にあなたはつらさを感じるのでしょう。
  • あなたが、この仕事を通してかなえたい夢は何ですか。
  • お客様に何をお届けしたいのでしょう。
  • あなたが家づくりで一番大切にしていることは何でしょう。

 

心がジンと熱くなる。

そんな思いが無ければ家づくりに携われないはず。

 

その思いをしっかりお客様に伝えましょう。

スタッフが一丸となりその社長の思いを共感できれば強い力となります。

全ては、社長の『私は・・・』から始まる思いでつながっていきます。

 

その思いを、

ブログ、ホームページ、チラシ、話をするなどなど

様々な媒体に載せて知ってもらいましょう。

伝える努力をすること。

 

住宅の仕様、プラン、価格、デザイン

住宅そのもので独自性を打ち出す方法は色々あります。

ですが、まずは社長の思いを打ち出し、

社長そのものの独自性を打ち出すことがお客様への共感へとつながります。

そう大手ハウスメーカーの出来ないことを細目にやる、
尚且つハウスメーカーと比べてもそん色のない保証や品質を作り出す。
ハウスメーカーよりも地場に根付いた工務店の方が、地理的要因もあり、圧倒的に有利と考えます。

 

何だか行き詰った気がしたら、家づくりの形ばかりを追わずに、

自分自身の核を振り返り、見つめなおすことをおすすめします。

 

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 

SEO対策は工務店には意味が無い

今日は地域密着の工務店のホームページについて考えたいと思います。

 

「SEO対策」

って聞いたことありますか。

 

「新築住宅」などで検索したら、上位に表示させ集客する。

そういったものです。

 

これそのものに効果が無いとは言いません。

高い効果がある場合もあります。

効果があるかどうか、考える上において大切なのはマーケットです。

 

  1. あなたのマーケットはどこですか?
  2. どれくらいの規模がありますか?

 

それをまず決めなければ、SEOが費用対効果が高いかどうかを決めることはできません。

 

例えば、

  • 1000万人人口がいる東京のパワービルダー。
  • 全国1億人をカバーするハウスメーカー。

 

こういった企業であれば、SEOの効果は高いでしょう。

 

では、地域密着の工務店、

3万人、1万世帯で考えたらどうでしょうか。

1万世帯で建つ住宅が年間150棟だとしましょう。

1年間で500世帯位が住宅を検討していると仮定します。

 

月に直すと、40世帯。

この40世帯にSEOをかけてホームページに呼び込む。

この方法は集客効率が悪いことはイメージできます。

かなり廻りくどくなってしまいます。

 

なので、忘れられない様に、

毎月チラシを折り込むのが地域密着の工務店の集客の基本です。

 

では、ホームページは無くていいのか。

 

答えはNO。

 

工務店にとってホームページは店舗や、展示場に近いものです。

なので必ず必要です。

今の時代、ホームページが無ければ、お店が無いのと同じです。

 

  1. 集客はチラシ。
  2. 最初に集める先は、仮想店舗であるホームページやブログ。
  3. その次がリアル店舗の展示場や、事務所。

 

マーケットを明確にしておくと、

集客のスキームが組めます。

 

しかし、それが明確でないと、

SEO対策業者の話を聞いて、何だか良さそうと思ってしまい、

結果、やったはいいけど、うまくいかない。

となってしまいます。

 

広告宣伝を考える場合マーケットをしっかり考えましょう。

広告代理店に踊らされてはなりません。

 

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 

 

 

パーソナルブランディングのすすめ

工務店の社長こそ、パーソナルブランディングをするべきです。

ブランドについて考えてみます。

ハウスメーカーはハウスメーカーのブランドがあります。

 

大手であれば積水ハウスを例に挙げて考えてみましょう。

家を建てようとする人で、積水ハウスを知らない人はまずいないでしょう。

積水ハウスは大量の資金を投入して、市場の認知度を上げ、 ブランドを作り上げています。

では、お客様の中で、積水ハウスの社長の名前を知っている方はどれ位いるでしょうか。

ましてや、どんな営業マンがいるかは知る由も有りません。

積水ハウスがお客様に選ばれる理由、 それは積水ハウスの社長の家づくりへの思いは知らないけれど、 良く耳にする会社だから安心だ。 ハウスメーカーとはそういう物です。

ある意味その程度の物です。

では、私がお勧めするパーソナルブランディングとは何か。

パーソナルブランディングとは、人に属するブランドの事です。

社長が、名前、写真を前面に押し出し、様々な媒体で露出する。
なぜ、あなたが家づくりをしているのかという想いや、使命感をお客様にお伝えするのです。
伝えるのは、物や、価格ではありません。
あなた自身がなぜ家づくりをしているのかということです。
そのメッセージをfacebookやブログ、チラシなどの媒体を使いお客様にお伝えします。
そうすれば、聞いたことがある程度のハウスメーカーに負ける訳は無いでしょう。
価格競争に巻き込まれる事も無くなります。
なぜなら、パーソナルブランディングが出来れば、
お客様はあなたの家づくりの思いに共感して、
一緒に家づくりをしたいと思ってくれるはずですから。
前面に出ることを恥ずかしがらずにどんどん露出しましょう。

工務店のFacebookの正しい運営の仕方(考え方)

 

最近Facebookを持たれている工務店さんが増えてきました。

あなたは、どんな風にフェイスブックを運営されていますか?

 

(注)この本文に出てくる「友達」とはフェイスブックで繋がっている「友達」の事をさします。

 

さて、あなたは流行りで、みんなやっているからという理由で何となくFacebookを運営してませんか?

・お昼のランチをから揚げ食べたとか、

・かわいいワンちゃんの写真を載せたりされているでしょうか。

 

それはそれでありです。(^^)

共感してもらえるのすごく楽しいです。

 

しかし、工務店の社長として、フェイスブックを運営するなら、

考えておいた方がいいことが一つあります。

 

フェイスブックを何のためにしているのかという目的を明確にしておくことです。

私はある時期、食べているヘルシーランチの写真をアップしていました。

 

そうなると、錦織修はヘルシーランチを食べている人という認識を「友達」に与えます。

私はランチ写真のアップはやめました。

楽しみにしてくれてる人もいましたが、

このままでは、「ヘルシーランチの錦織修」というブランドが出来上がってしまうからです。

これをつくっていくことは私が望むことではありません。

だから、やめました。

 

では、あなたはどの様な認識を「友達」に持ってもらいたいでしょうか。

・家づくりで困ったらいつでも助けてくれる人。

・他社とは違い、凄いプランを作ってくれる人。

色々浮かんでくると思います。

 

それをかんがえて、

考えたものを紙に書いて下さい。

 

そして次に、どうすればそのイメージがフェイスブックを通して伝わるかを考え、

それをフェイスブックに投稿していきます。

 

その際、写真をアップしていった方がよりよく見てもらえます。

多分、アルゴリズムの関係で、

写真の方が重要な情報として「友達」のニュースフィールドに表示される頻度が多くなるのでしょう。

 

(注)

頻繁に写真をアップされる方がいらっしゃいますが、

写真投稿は17時を基準として24時間に1回にして下さい。

2回以上投稿すると写真がまとまって出てしまうので、

「いいね」を押してもらいにくくなり、見てくれる人の数が減るからです。

 

さて、何の写真を載せるかですが、

笑顔の自分撮りは見てる人に元気も与えるし、顔も知ってもらえるのでおススメです。

また、それが恥ずかしい場合は、

1日1回、自分がこだわっている家づくりの現場写真を上げ、どこにこだわっているかを解説する。

というところから始めるといいです。

 

私は、

・お客様に喜んで頂ける工務店の家づくりをサポートするプロです。

・コーチングで、クライアントの潜在的な望む生き方を顕在化させるプロです。

・人を繋げ、楽しみを拡げます。そうすることで、多くの方に生きる喜びを与えたいと思い生きています。

まずは、そんな私の考えを「友達」に知って欲しい。

私と楽しく生きたいと感じてもらいたい。

 

だから、Facebookにお昼のヘルシーランチ写真は載せ無くなりました。

目的と方法が違うからです。

 

私は「友達」にとってこんな存在でありたい。

 

錦織の話は仕事にも生きるにも役に立つな

生きると楽しく充実した毎日が送れる様になった

人と繋がるって楽しそうだな。

 

困ったら、とりあえず錦織に相談してみよう。

解決してくれるから。

それが、僕が広げたいブランドです。

 

ですから、あなたも、

どんな風に「友達」に感じてもらいたいかを考えてFacebookは運営して下さい。

 

 

今日はフェイスブックの運営の考え方について書きました。

徐々に具体的な運営方法も公開していきますので、

楽しみにしていて下さい。(^^)

ギャブハウスは良質な住宅を供給し続けて30年。

 

お客様に惚れてもらうために、第一印象を大切にすべし

今回のテーマ

お客様に惚れてもらうために第一印象を大切にすべし。
は、人の事ではありません。
人の第一印象は大事ですが、今回は違う話を書きます。

今回は、家の第一印象についてです。
家の第一印象と言えば何でしょう。
見学会の建物?
それもあるでしょうが、実は
それ以前に、お客様はチラシやブログ、ホームページを見ています。

 

何を見ているか。
それは、今まであなたが建てた建物の
写真を見ているのです。

 

そんな当たり前のこと・・・
そう思われるかもしれません。
しかし、実際建物写真をちゃんときれいに載せている会社は非常に少ないです。

 

とりあえず撮って載せればいいや。
後は現場見てもらえば分かるでしょ。

といった感じの写真が非常に多いです。
残念ながら、写真が悪ければあなたの建てる家の良さはお客様に伝わらず、
会社にも見学会場にも来てくれません。

 

こう考えてはどうでしょう。
あなたは、お見合いをするのに写真を撮ることになりました。
無精ひげを生やしたまま撮りますか?
寝癖のまま撮りますか?
携帯で写真を撮りますか?

 

きっとあなたは、
身だしなみを整え、
写真スタジオで写真を撮るでしょう。
なぜなら、第一印象が大事だから。
建物の写真はそれと同じ意味を持ちます。

 

とは言っても、プロに頼むのは費用もかかるし、時間的制限も掛かります。
何より、プロの写真はメッセージが伝わってこないのです。
ただ、写真がきれいと言うだけ。
やはり自分で写真で何を伝えたいかを考えて撮る方が絶対いい写真が撮れます。
でも、難しそうというあなたに最低限のポイントをお伝えしまね。
これだけでもずいぶん変わります。

 

1.ストロボを使わない
これを使うと絶対イイ写真は撮れません。

 

2.立ったり、座ったり、寝転んだりして撮る高さを変える

 

3.手を伸ばさず脇をしめて撮る

これだけで、写真はずいぶん変わるはずです。
もし、今からカメラを買われる方は、広角レンズのタイプがいいです。
コンパクトタイプだとこういうのがいいと思います。
RICOH デジタルカメラ CX6ブラック CX6-BK

 

最後に、写真をホームページやブログに載せる時の注意です。
「小っちゃ」という写真をよく見かけます。
サムネイルは巾400以上になるようにして画像をアップしましょう。
小さい写真は見てもらえません。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

中小工務店はFacebookで住宅を売れるのか?

Facebookをビジネスに使う。
そんな本が巷に溢れています。
ビジネスに実際活用している人もいます。
では、工務店経営に当てはめた場合、
Facebookをしていれば住宅は売れるのでしょうか?
私の考えはNOです。
中小工務店でFacebookで家を売ることを考えるのは今の時点では、やめた方がいいです。
では、中小工務店はFacebookをしない方がいいのか。
これもNOだと言えます。
Facebookで、家は売れないが、
工務店はFacebookをするべきだと思っています。
では、何のためにするのでしょうか。
中小工務店は、コミュニティーを形成するために
Facebookを使うのがいいと思います。
自社の家づくりを発信し、
自社の家づくりのファン(共感者)が集まるコミュニティーを形成するのです。
Facebookでは営業してはいけません。
地域に暮らすお客様に、家づくりやイベントなどの情報を提供していくのです。
(営業は、ホームページやブログで行います。)
流れはこんな感じです。

1.Facebookでファンを増やす。
(個人のお友達をまず増やします)
facebookでは地域を絞ってユーザーを検索できるので、
その方に友達リクエストすればよいです。
2.Facebook上で、お友達になった方と交流を図る
自社の家づくりのついての考えや、
住まいのメンテナンス方法、
家づくりをする時のポイント、
現場の写真
などを入れるといいでしょう。
3.ブログやホームページを見てもらう様に促す
ここでしっかり営業します。
色々試しながら、ユーザーの反応を見ながら試して下さい。
それ以外に、私がすぐに出来て、効果的だと思うのは、
引き渡しをしたお客様のグループをつくることです。

そうすることで、イベントの共有や
引き渡しの繋がりを持たせることが出来、
工務店は家守として機能します。
他社にリフォーム工事を取られること無く、
自社でお客様の住まいを長く快適に暮らせるようにメンテナンスしていけます。
紹介にもつながるでしょう。
しかし、お客様同士を繋げることに、
恐れを感じるかもしれません。
クレームが出たらどうすればいいかと尻込みするかもしれません。
その考え方では、情報が様々な形で公開される時代、
生き残りは難しくなっていきます。
あえて、自らお客様を繋げ、情報を発信していく。
そうしても問題が出ない実態を整えて行く。
それが、これからの工務店には必要です。
ちなみに、引き渡しをしたお客様グループをつくる時は、秘密のグループに設定して、
招待した人しか入れないように設定しておいて下さいね。

 

 

この方法は、一度見学会や来社された方グループ化する方法としても使えると思います。
無料で使えるfacebookまだまだ可能性はあると思いますが、
まずは始めて見るのがいいと思います。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

ブログで集客する方法

ブログを書いているけど、

 

  • 集客になっていない。
  • 役に立っていると思えない。

このままブログをやっていいのだろうか?
そんな相談を受けることがあります。
相談を受けた会社のブログを見ると、
正直ブログはあるけれど「やっていない」という印象を受けることが多いです。
ですので、そのことをお伝えすることが多いです。
ブログをやっているとは、言えない状態ですよ。と。
良くあるパターンと、改善点をお伝えします。
まず圧倒的に多いのが、記事数が少なすぎるというもの。
更新頻度が1ヶ月に1度程度という方が多いです。
これは、ブログを運営していると言えません。
ブログでお客様から何かしら反応が得られるのは100記事からだと言われています。
1ヶ月1記事では効果が出るまで8年もかかります。
1ヶ月1回程度の更新では何の効果も得られないのは当然です。
毎日更新を3カ月から4カ月続ける必要があります。
これが大変だと思うのならブログでの効果は期待できません。
2番目は、
何を伝えたいのか分からないブログ
を運営されている方が多いです。
お子さんの写真や、料理や、旅行の写真を積極的に載せている方が意外に多いです。
個人のコミュニケーションが目的であれば、とても素敵な事だと思いますが、
家づくりの情報を発信し、自社の家づくりを知ってもらいたいのであれば、
それはちょっと違います。
コーヒーブレイクで、趣味の写真などを入れるのはいいと思いますが、
基本は家づくりの事を記事としてあげるのが基本です。
何のためにブログを運営するのかを明確にして、
記事の内容を決めると良いでしょう。
家づくりを考えているお客様は何を知りたいのか。
そんな風に考えて情報提供していけば、お客様はちゃんと読んでくれます。
3番目は、
やたら写真が小さく載せちゃう
のパターンです。
何か載ってるけど、何の写真だろう?
とお客様が思います。
見にくければ、見てくれなくなります。
サムネイルをつくる時はW400位は合った方がいいと思います。
ここからは、個人的な感想ですが、
写真はあれこれたくさん入れるより、
1記事1写真と厳選して載せた方がいいと思います。
その方が、家づくりのメッセージがお客様に伝わります。
まとめです。
1.ブログ運営の目的を決まる。
2.記事内容の方向性を決める
3.100記事を3ヶ月で書く
4.写真は横幅400を目安に1記事1点にする。

参考になりましたか?

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

ブログで集客出来る

ブログで新築住宅の集客は出来るのか。
結論は出来ます。

ブログやってるけど、お客様に全然見られていない。

そういわれる工務店さんに良くお会いします。
しかし、よく話を聞くと、

「更新はどれくらいされていますか」
工務店さん
「月1回くらいです」

「どんな内容を入れています?」
工務店さん
「何入れたらいいか分からないので、子供の写真入れています」

少し考えてみましょう。
月に1回子供の写真が更新されるブログから
お客様は問い合わせしてみようと思うでしょうか?
少しお客様の立場に立って考えれば何を書けばいいか分かると思います。
私たちがお届けしたいことは、お客様が幸せに暮らすための家づくり。
そのために、何を情報としてお届けすればいいのでしょうか。
その答えがブログに書いていく記事の内容です。
では、どれくらい書けばいいのでしょう。
読まれてお客様とコミュニケーションが取れるようになるには、
3か月で100記事位からその効果が出るといわれています。
ですから、毎日書き続けて3か月たった頃からその効果が見られるのです。
毎日更新は難しいと思ってしまうかもしれませんが、
どうすればネタに困らずに毎日更新できるかの方法を工夫されるといいと思います。
毎日文章をたくさん書くのは厳しいでしょうから、
写真を多用する方法を考えればいいと思います。
現場にネタはいっぱい転がっています。
現場にネタ探しに行ってみましょう!

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

お客様にメールを捨てられない様にする

ホームページとメールのセミナーを受けてきました。
その中で聞いた一つをご紹介します。
お客様にメールを捨てられない様にする。
ということです。
どういうことかというと、
あなたは、全てのメールを開いて読んで確認していますか?
多分、件名だけで読むメールと捨てるメールを決めていませんか。
お客様も同じです。
件名だけを見て、読むか、はたまた捨てるのかを決めています。
折角、メールを送っても読まれさえしていない。
そんな事が起きている可能性があります。
では、お客様から問い合わせに、
どの様な件名で返すのがいいでしょうか。
①お問い合わせの件
②注文住宅の【サラサホーム】
③この度はお問い合わせいただきありがとうございます。サラサホームです。
正解は・・・
②だそうです。
①はどこの誰から送られているか分からない。迷惑メールに間違われるから捨てられる。
③は長すぎて、件名が途中で切れてしまい、どこの誰から送られたか分からなくなる。
結果捨てられる。
どこの誰から送られたメールなのかを明確にすることがポイントだそうです。
件名で捨てられない工夫。
なるほどと思ったので紹介します。

 

 

私たちサラサホームはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

お客様の本音のブログ

建築中のお客様がその状況をブログにされるケースがあります。
そういったブログは、住宅検討中のお客様に良く読まれます。

  • この会社で建てたらどんな対応をしてくれたのか。
  • 何が不安だったのか。
  • 何が楽しかったのか。

そんな事が日々書かれています。
これは、大きな口コミ効果があります。
悪い対応をしていれば、悪い口コミが広がります。
逆に、
対応が良ければいい口コミが広がります。
今回加盟店さんの中で、
お客様のブログから見学会に集客に成功したケースがありました。
ただ間違ってはいけないのは、
ブログが大切なのではなく、
日々の現場を大切にすることが、何にせよ大切だと言うことです。
ブログはあくまでそれをお伝えするための道具でしかありません。
日々の現場をおろそかにしてしまったら・・・
お客様との関係を悪くしてしまったら・・・
怖いですね。

 

ただ、お客様に媚を売ろうと言うことではありません。
プロとしてしっかり家づくりに携わるという当たり前のことをすることが大切なだけです。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。