カテゴリー別アーカイブ: 構造

構造に関することです

熊本・大分の地震

今更ながら、熊本県・大分県、特に熊本県の方々へ、今回の災害のお見舞いを申し上げます。

何故今頃、とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、本震後、かなり大きな余震が続いており、ある地震学者は、近いうちにまだ割れてない活断層が動き、M7クラスの地震が発生する可能性が有る、と見解を出されていたので、この様なコメントを出した後に、又大きな地震が有ったらどうしようと思い、中々出せませんでした。

お分かりだと思いますが、耐震性を高めれば、かなりの確率で倒壊や損壊を免れる可能性が高いと思います。それにプラス制震や免震装置を取り付けることにより、繰り返される余震から家屋の倒壊を防ぐことが出来ます。

多少予算はかかりますが、もう国内では安全な場所は無いように思われます。せめて、古い建物は耐震補強をご考慮して頂ければと思います。

弊社グループのオリジナル制振装置は、繰り返される余震から、皆様の財産を守る一助になると確信しております。

詳しく知りたい方は、ご一報頂ければと思います。

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

ピン構造とラーメン構造

皆様、こんにちは。

今更で恐縮ですが、又建築されている方はそんなこと言われなくても知ってるよ!!と言われる方ばかりだと思いますが、この業界を初めて経験される方へお伝えしたいと思い、このブログを書いています。何せ私も経験ゼロからのスタートーだったので。

ピン構造とは材料と材料(例えば柱と梁や筋交い)より、その接点がある外力を受けた時に、先に破断してしまう構造の事です。構造材は壊れていないけれど、つなぎ合わせている釘とか金物が先に破断して建物としての体(てい)が無くなってしまう構造物がピン構造といいます。地震などが起こった時に、二階部分以上は壊れてないのに、一階の柱だけで建築されているピロティー等が破壊されている映像なんかを見られたことが有ると思いますが、あのような状態になることです。

一方ラーメン構造とはその逆で材料の方が接点部分より先に破断されることです(極端な例えですが)。その接合部の代表的なものが溶接や高力ボルトになります。構造的にはRC造や鉄骨造になります。

ギャブハウスでは木造で住宅を提供している訳ですが、より強く、快適に住んでいただけるように、国の定めた長期優良住宅基準を標準としてますので、安心して住んでいただけます。断熱性、耐震性、耐風性、維持管理等の制度を遵守するように、加盟店さんには指導させて頂いてます。

昨日から福岡県にも雪が降っています。断熱性能も大事だなぁ、と思いますね。

何か皆様の知りたい事などが御座いましたら、このブログに書き込んでいただければ、出来る範囲でお答えさせて頂きますので、ご遠慮なくお書込みください。

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

直下率

直下率をご存じでしょうか。
1Fの「柱」や「壁」の上に、2階の「柱」や「壁」がどれだけ効率よく乗っているのかという事を表す指数です。
効率よく乗ることによるメリットは、
1.構造が安定し、床が下がるなどの事故が起きにくい
2.構造が合理的になるため構造コストが下がる
などのメリットがあります。
長期優良住宅の場合床倍率を考える場合も効率よく乗ることで、
耐震性の等級2が取りやすくなります。
プランニングの時にある程度、考慮して頂ければ、そんなに難しいことではありません。
中には、こりゃなんだ?と言うくらい1F・2Fの壁線がずれているプランを見受けることが有ります。
基準法上では特に規定されていませんが、
長く住める住まいをお届けするために、工務店の皆様には取り組んで頂きたいことの一つです。

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

瑕疵担保保険について

工務店の皆様、瑕疵担保履行法の対策は万全ですか?
10月1日引き渡す物件から瑕疵保険をかけておかないと、
(又は保証金を第三者機関に預けないと)引き渡しが出来なくなります。
私どもの調査では現在対応出来ていない工務店が約4割もあるようです。
このままでは、約4割の工務店が廃業に追い込まれていまうため、
国も救済処置を提案しているようですが、
保険の費用は倍以上かかる様です。
長期優良住宅に積極的に取り組んでいる工務店もある一方、
まだ瑕疵保険にも対応できていないという現実。
お客様により良い家づくりをお届けするために
私たちがしなければならない事が何なのかを
しっかり考えて取り組んでいかなければ、
これからの市場に明らかに取り残されてしまいます。
当たり前の事が当たり前に出来て、初めて差別化が出来ます。
工務店の考える当たり前では無く、市場のお客様の考える当たり前は何なのか。
そのことをしっかりと知る必要があります。
今市場の当たり前の事とは、
「長期優良住宅に対応可能な仕様」
なのではないでしょうか。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 

長期優良住宅について

長期優良住宅の法律施行が6月4日に迫っています。
工務店さんにとっては対応に追われて大変だと思いますが、
広い目で見るとお客様にとってはいいことだと考えています。
ですから、大変だと思わず、この機会を利用して、
お客様に長く快適に暮らす家を提供するためにどうすればいいかを見つめ直されることをお勧めします。
そのために長期優良住宅は必要ないという考えもある意味良しだと思います。
しかし、ローコストメーカーも標準対応となると、家づくりの最低基準が長期優良住宅になるのは否めません。
最低基準を満たせない企業は、市場から排他されるのではないか。
それが、私の考えるところです。
まだ法律として、確定していないこともありますが、
しっかり見据えて対応を考えていきましょう。

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 

遅ればせながらあけましておめでとうございます

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
今年の経済環境は厳しいさを増す予感を感じます。
しかし、自分たちの家づくりを信じて、経済環境に振り回されない一年にしたいものです。
今年の私の指針は、
『脱常識』
ただ忙しい毎日に流されず、
新しい視点で、新しい取り組みに取り組んでいきたいと考えています。
さて、弊社グループでは、1月5日より、
地震保証の付いた住宅の販売に合わせキャンペーンを始めました。
お陰様で、様々な方面からご注目頂き、
週刊住宅新聞社様にも記事として取り上げられました。
地震保証付き住宅制震装置
これからも、お客様にとって長く価値ある暮らしをお届け出来る取り組みを
進めていきたいと考えています。
今年一年また、皆様、よろしくお願いします。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 

住宅会社が提供しているもの

今日はお付き合いのある金物工法のメーカーのセミナーに行ってきました。
その中で驚いた事があります。
それは、今までの公庫の検査では、付いているかどうかが重要で、
『その性能が発揮されるかどうかは重要ではなかった。』
という事実が当たり前だったということ。

つまりそれは、今まで住宅は物の集まりだったということ。

  • 接合部の金物は付いていればよい。
  • 断熱材は付いていれば良い。

公庫の検査は、それが効くかどうかは関係なかった・・・・
公庫が良かったからそうしていた・・・
そんな家作りをされていない事を願います。確かに大臣認定を受けた金物で、所定の釘打ち、ボルトなどをきちんと施工していれば、それなりの耐力は発揮できるでしょう。
検査に通るかどうか。それはそれで大切ですが、
その先のお客様に約束した性能をお届け出来るかどうかが全てです。役所の検査だけではなく、役所の気づかない様な部分にこそ、プロの気配りをするべきだと思います。
きちんとした安心をお届けする事。それが私たちの責務ではないでしょうか。

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

地震に対して資産を守るということ

新潟で震度6の地震がありました。
地震に対して考えておくことは目をそらせない事だとつくづく感じます。

ニュースにはなりませんが、インターネットの地震のニュースを見てみてください。毎日のように微弱ではありますが、揺れている場所があります。

今回の研修会で自社と大学教授や他の方々の協力を得、開発した実大振動実験の実験棟を加盟店さんと見学に行きました。地震に対しての検証をするために自社で確認する必要を感じて、この実験棟を自社で建築しました。

今後、お客様に資産価値としての住宅を提供していく為には、耐震だけでは守れないと私たちは考えています。

そのために開発した制震装置を開発して繰り返し、実験を行いその成果を確認しています。

制震装置「J-NVA5」
j-nva
これからの資産価値を考えたときにこの制震装置が必要だと考えます。

どのように地震に対して考えていくか家づくりに携わる私たちが考えて行かなければならない大切な課題です。

本震とその後の多くの余震の対策として。

 

ギャブハウスでは独自で開発した制震装置、J-NVA5が活用されています。