カテゴリー別アーカイブ: 建材

建材は素材として考えれば付加価値が生まれる

 

 

住宅に使う建材。

それをそのまま使わない事が付加価値になります。

 

例えば、床材を壁に貼ったり、

木製ドアにチョーキングをしてアンティーク感を出したり、

壁に貼ったタイルの上から漆喰を塗ってみたり。

 

建材を当たり前に使ったら当たり前の家になる。

それを、素材として考えることで、様々なアイデアが生まれます。

そのアイデアは付加価値となりお客様に喜ばれる空間を生み出す。

 

建材が工業規格化され大量生産販売されるようになり、

工務店は車を作るように家を作るようになった。

素材ではなく部品として建材を扱う様になった。

 

結果として、どこも同じような家が出来、

付加価値は無くなり、

お客様の判断は価格が安いかどうかということになった。

 

今一度、工務店は手づくりの家を作るべく立ち上がるべきです。

素材を吟味し、技を使う家づくりで付加価値を生み出しましょう。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 

冷蔵庫がどうもしっくりこないと思っていましたが・・・

オーダーメードの手作りキッチン。
雰囲気のある空間。
でも、どうしても冷蔵庫がインテリアの邪魔をしてしまった。
そんな経験無いでしょうか。
だから、冷蔵庫は見えないところに。
そのパターンはプランニングの中で良く見られる手法でした。
冷蔵庫を自分好みのカラーに出来たら。

 

そう思っていましたが、
ありました。そんなサービスが。

 

かなりの色から選べます。
なんと洗濯機も色付けてくれるみたいです。
費用はちょっと分かりませんが、
興味あります。
自分だけの冷蔵庫ってちょっと素敵じゃないですか?
カラー冷蔵庫ラシックカラーズ

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 

緊急輸入します

合板が国内で手に入りにくい状態のため、
海外から緊急輸入します。
海外でもなかなか手に入らなく苦戦した様ですが、
弊社の輸入部門が見事にミッションを達成。
JAS規格の合板を購入しました。
しかし、
なぜここまで合板が手に入らないのか不思議です。
契約はしたけど、
工事が出来ないと言うのは何といても避けたいところです。
合板以外も断熱材なども入りにくくなっています。
早めに計画段取りできるかどうかが、
工務店が生き残れるかどうかになります。
段取りが悪ければ致命傷になります。
いつも以上に早く、慎重に段取りするようにしてください。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

無垢のフロアーが人気

新建ハウジングに興味深いアンケート結果が載っていました。
床材に使う材料は、
合板の上に薄い木を貼ったタイプ
(確か0.2mmとかそんな薄さだったと思います。すごいですね日本の技術は)
どこを削っても同じ木の無垢材があります。
そのアンケート結果は、
無垢材を使って良かったという方が89.6%もいたというものでした。
ただ、無垢材は金額が高くてなかなか手が出ないというお客さまも多いようです。
私たちは自社で海外工場から直接買い付けして、
出来るだけ使いやすいようにと、取り組みをしています。
お客様へお届けする良質な住まいのための取り組みの一つが
お客様の満足な暮らしに繋がっている気がして、
ちょっと嬉しくなりレポートしてみました。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。