カテゴリー別アーカイブ: 知っておきたい豆知識

土地が無いお客様にお伝えしておいた方がいいこと

土地を買った後、家を建てようとしたら、
資金が足りなくて後悔した。
というのは良くある話です。
そうならない様にお客様にちゃんと伝えて頂きたいことがあります。
それは、
『投資のための土地を買うのでは無いということ。』
あくまで、そこで豊かに暮らすための場所を探すということをお客様に忘れないで頂きたいのです。
そうであれば失敗はしないでしょう。
土地は、真四角であるとか、南道路であるとかだと金額が高くなります。
しかし、土地の形や接道は、プランニングの工夫で、
どうにでも解決出来るのです。
そのことをお客様に伝えてあげてください。
家づくりのプロだからこそ、
不動産屋さんには出来ない、
土地の探し方を適切にアドバイス出来ることがあるはずです。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

住宅ローンはフラット35がいいのか

長期優良住宅で建てると、
フラット35での借入金利が当初10年間1%、
その後10年間0.3%優遇されます。
総支払額で3000万円借り入れすると500万円以上得になります。
そう言った意味でフラット35は得だと言えるでしょう。
ただし、変動金利はさらにそれを下回ります。
今なら変動金利で借りたほうが月々の支払いは少なくて済みます。
では、変動金利の方がいいのでしょうか。
変動金利は、景気に合わせて上下します。
今は景気が悪いので金利は低いですが、
景気が良くなると金利は上昇するので、
支払い計画は非常に不安定になります。
私の考えは、
一概にどちらがいいかは言えない。
と言うことです。
では、何で判断するかというと、
何で生計を成り立たせているかで判断するのが賢明だと思います。
例えば公務員の様に、
景気に左右されない職業であれば、
フラット35がいいでしょう。
逆に自営業など
景気と連動するような職業であれば、
変動金利がいいかと思います。
サラリーマンの方はその業種によって
どれだけ景気に左右されるのかを考え、
変動とフラット35を組み合わせ、
その比率を調整するのがいいのではないでしょうか。
住宅は「住宅を買う」と思いがちですが、
正確に言うと「住宅ローンを買う」と言うことです。
選択する住宅ローンで人生設計が変わってきますので、
自分に合った住宅ローンをしっかり検討して下さい。
また、
工務店の方は、
お客様に情報を整理して、
住宅ローンを提案するだけの勉強を欠かしてはいけません。
プロとしてしっかり押さえておくべきポイントです。

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

お客様のために考えるべきこと

人生において大きな支出は何でしょうか。
それは・・・
教育
住宅
そして老後

これが3大支出になります。
これらの共通点は、
継続して払い続けなければいけないということです。
サザエさんが始まったころの
日本人の平均寿命は59歳でした。
ですから老後の資金を考える必要は無かったんですね。
しかも、長生きする人は、年金をちゃんともらえた。
しかし、現在、幸か不幸か、男性79歳。女性86歳が平均寿命です。
60歳で定年したとして20年間生きるためのお金が実際必要になったのです。
どんな家を建てるかよりも、
まず大切なのはお客様がどんなライフプランを送ろうとしているのか。
それを知ることが大切なのでは無いかと考えています。
その人生を楽しむために、
どんな家を提供するのかを考えることが大切ではないでしょうか。
家はあくまで楽しむための道具。
そんな風に思います。

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

フラット35Sの金利優遇が無くなる?

フラット35Sの金利優遇が無くなる?
今日モーゲージ会社(フラット35の申し込みを受け付ける会社)の方と打合せしました。
最近の住宅融資の20%がフラット35だそうです。
(金利優遇政策が出る前の約3倍の利用率UP)
それは、金利優遇当初10年間1%というのが大きいらしいです。
この10年間1%というのは税金から捻出されます。
この企画は、銀行の団体から大きな反発があったらしいです。
そこで、財源の上限を決めて、何とか同意に至ったらしいです。
このフラット35
100%融資で、金利1%優遇なので、申し込みが殺到しているらしいです。
金融関係者の方とお話しても、今はフラットが一番いいでしょ。
これから必ず金利は上昇しますから、
固定でこの金利はかなり有利だと勧められました。
予想以上の申し込みで、
このままだと予算枠が7月でいっぱいになるかもとモーゲージ会社の話。
一杯になったら追加予算が出るかどうかというのは、分からないらしいです。
ですから、計画中の方は早めにお申し込みをお勧めします。
工務店さんもお客様がスムーズにお申し込み出来る様に、勧めて下さい。
これを逃すと300万円以上損します。
繰り上げ返済などの原資としてその300万円を考えたら、
400万円以上かも。
逃さないようにしっかり家づくりを計画して下さい。
新しいニュースが入ったら又お知らせします。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

男性脳と女性脳

男性脳、女性脳という言葉をご存知ですか?
男性は理屈。女性は感覚。
といったとこでしょうか。
家づくりの提案を行うとき、
営業が男性であればついつい男性の感覚で接客してしまう。
逆に女性であれば、女性の感覚で。
それが駄目だとか良いとかいうことではないですが、
価値観は人それであり、自分の価値観だけを人に押し付けては、
うまくいかないこともあるのかもしれません。
無理に男性が女性脳に、
女性が男性脳に変える必要は無いですが、
そういったものもあるんだと知ることでお客様をもっともてなせるのでは無いでしょうか。
参考までに面白いサイトがあったので紹介しておきます。
お時間のある時にでも試してみてください。
あなたの脳は男脳ですか?女脳ですか?
ちなみに私は、70%男性脳でした。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。