これから競合となるのはどこなのか。


今までの住宅のシェアは、工務店かハウスメーカーが持っていました。

それが変わりつつある事を感じていると思います。

消費税が上がる事によってそれらの地図は大きく変わると私は予想しています。

どう変わるのか。

 

家電量販店や、イオンなどのショッピングモールが住宅関連に進出してきます。

既にその動きはありますが、これからさらにそれが加速するでしょう。

ライバルは隣の工務店やハウスメーカーだけでは無くなります。

その事実をまずはしっかりと認識しましょう。

 

私がそう考える大きな理由が2つあります。

1つは国の政策です。

国は住宅の省エネ性を高めることを考えています。

今までは、環境保護を謳いながらも緩やかにその政策を進めてきました。

しかし、3.11の震災で消費エネルギーを減らす事が緊急の課題となりました。

しかし、現在の既築住宅の約5%しかその性能はありません。

それを進めるには、今までの工務店やハウスメーカーだけではとても追いつかないのです。

ですから、国は異業種連携を進めていきます。

様々な業種から住宅業界に参入が考えられます。

 

もう一つは、顧客の囲い込みです。

あなたは、ヤマダ電機のポイントカードは持っていますか?

イオンのカードはどうでしょう。

恐らく多くの方は持っているでしょう。

これは、顧客リストをヤマダ電機やイオンが握っているということです。

住宅、家電、食品、医薬品など様々な情報がその顧客の元に届けられます。

これが囲い込みです。

 

さらに、大型店舗を持っているので、

生活におけるワンストップサービスをお客様は受ける事が出来ます。

例えば、住宅を買うと、ポイントで家電が貰えますよ。

なんて言われたらとても得した気になります。

そんな風にして顧客をどんどん囲い込んでいきます。

 

このままでは駅前通りがシャッター商店街と言われるようになったのと同じ事が工務店にも起きてしまいます。

ですから、今動かなければなりません。

消費税が上がる前でお客様への対応が忙しいと思います。

しかし、5年後、10年後を考えた手だてを今打たなければいけません。

 

具体的にはこうするのが良いです。
1.今まで建てて頂いたお客様との関係をさらに深いものにする。
国土交通省のデータではリフォームを頼むのは建ててから6回以上来てくれたら考えると出ているそうです。
用事は無くても顔を出す位の事はして下さい。

 

2.ヤマダ電機にも、イオンにも負けないマーケットを作る
大型店舗には広告宣伝力では負けるでしょう。
しかし、3000世帯ではどうでしょうか。
3000世帯に絞ってマーケットを作る事を意識すれば、その中では勝てるはずです。

10万世帯の中の9.7万世帯があなたの会社を知らなくてもいいのです。

これを、10万世帯に知ってもらおうとすると大型店舗に負けてしまいます。

 

 

今すぐできる事です。

今すぐ行動しましょう。

 

  1. 建てて頂いたお客様との関係を深く。
  2. 大型店舗に負けないマーケットを作るエリアを決まる。
  3. そのマーケットをどう耕すかを決める。
  4. 行動する。

 

もう時間がありません。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です