広告媒体はこう決める


様々な広告媒体があります。

どの媒体がいいのでしょう?

どうやってその媒体を決めますか?

 

どの媒体がいいのかというのは、

どれだけの棟数を、どれだけのマーケットの大きさでやるのかで決まります。

県内全域300万人を対象にする場合と、

市内3万人だとその展開は全く違います。

 

おおむね世帯数は300万人だと100万世帯

3万人だと1万世帯。

 

100万世帯に折込広告を考えたら、

5円×100万世帯=500万円かかります。

それだけの費用をかけるのであれば、

県内版の住宅雑誌に広告を出したほうが、

40万程で済むので良いかもしれません。

 

では、1万世帯だとどうでしょう?

5円×1万世帯=5万円

 

住宅雑誌40万円の費用があれば、

折込だと8回お客様の目に触れることになります。

であれば折り込み広告のほうがメリットがあります。

 

 

このように、

見てもらいたいお客様に

費用対効果が高い媒体は何かを考えて媒体は決めるようにしてください。

 

雑誌がいつもより安く載せてもらえるから載せよう。

ラジオの枠が空いたから安く出せるらしい。

そんな風にスポット的にお得なものはありますが、

価格で決めるのではなく、

 

伝えたいエリアのお客様に、

伝わる方法で

費用対効果の高いものは何か。

を考えて選択する癖をつけましょう。

 

広告の目的は

認知、集客・最終的には契約です。

 

広告を出すことを目的にしないように気をつけてください。

兎に角、狭く、厚く、深くです。難しいことではありません。
広いエリアにお金を使って一回だけ告知するよりも、何回もエリアを決めて告知した方が、
市場が認知してくれそうな気がしませんか?

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です