ピン構造とラーメン構造


皆様、こんにちは。

今更で恐縮ですが、又建築されている方はそんなこと言われなくても知ってるよ!!と言われる方ばかりだと思いますが、この業界を初めて経験される方へお伝えしたいと思い、このブログを書いています。何せ私も経験ゼロからのスタートーだったので。

ピン構造とは材料と材料(例えば柱と梁や筋交い)より、その接点がある外力を受けた時に、先に破断してしまう構造の事です。構造材は壊れていないけれど、つなぎ合わせている釘とか金物が先に破断して建物としての体(てい)が無くなってしまう構造物がピン構造といいます。地震などが起こった時に、二階部分以上は壊れてないのに、一階の柱だけで建築されているピロティー等が破壊されている映像なんかを見られたことが有ると思いますが、あのような状態になることです。

一方ラーメン構造とはその逆で材料の方が接点部分より先に破断されることです(極端な例えですが)。その接合部の代表的なものが溶接や高力ボルトになります。構造的にはRC造や鉄骨造になります。

ギャブハウスでは木造で住宅を提供している訳ですが、より強く、快適に住んでいただけるように、国の定めた長期優良住宅基準を標準としてますので、安心して住んでいただけます。断熱性、耐震性、耐風性、維持管理等の制度を遵守するように、加盟店さんには指導させて頂いてます。

昨日から福岡県にも雪が降っています。断熱性能も大事だなぁ、と思いますね。

何か皆様の知りたい事などが御座いましたら、このブログに書き込んでいただければ、出来る範囲でお答えさせて頂きますので、ご遠慮なくお書込みください。

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です