リフォームの現場で何が起きているのか?


昨日ある加盟店さんとお話ししました。
沖田「最近どうですか?」
加盟店「リフォームが忙しくて大変です」
沖田「住宅エコポイントの絡みです?」
加盟店「いや、そういう訳では無くてとにかく依頼が多いです」
沖田「ホームページからですか?」
加盟店「そっちは、そんなに増えていないかな」
沖田「そうなんですか。何が増えました?」
加盟店「リピーターからの再リフォームや、紹介が多いんです」

この社長は、
お客様のスタンスに立って
家づくりやリフォームを一生懸命されており、
その姿勢がお客様に伝わっているなぁといつも感心させられています。
自らも現場に立ち、がんばっておられます。
その成果でしょうか。
一時期受注が減ったと悩まれていましたが、
今は仕事が多くてそれが悩みの様です。
何か特別な営業戦略ではなく、
地道に地域に根差した家守を貫き通すことが、
結局安定した受注につながる
のだと思いました。
電話で話しただけなので、
詳細はまだ良く分かりません。
近いうちにまたレポートしたいと思います。

 

私たちギャブハウスはいい家をつくりお客様にお届けしたい工務店の集まりです。

 


リフォームの現場で何が起きているのか?」への4件のフィードバック

  1. tomsworks

    SECRET: 0
    PASS: de3daf74bfd1c413d7127f2aad50c6df
    いつもブログ拝見しています。トムズワークスです。
    この度、当社運営のブログランキングサイトを開設いたしましたので、
    ランキングにご参加いただければと思いメッセージを送らせていただきました。
    以下のアドレスからアクセスできますので、ご興味がございましたら
    是非ご参加をご検討ください。
    住まいるブログランキング URL:http://www.suma-blo.com/
    よろしくお願いいたします。

    返信
  2. 錦織

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    トムズワークスさんへ
    早速登録させて頂きました。
    今後ともよろしくお願いします。

    返信
  3. 錦織

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    戸締り役専務さんへ
    結論としては、
    住宅を提供する企業として
    本来あるべきことをしっかりとする。
    それが大切だと私は思っています。
    どういうことかというと、
    当たり前のことですが、
    新築住宅を建てたら終わりではなく、
    しっかりと生涯そのお宅の家守をする。
    さらに、地元に根差し、
    家守されていない住まいを家守していく。
    それをビジネスとして成り立たせる。
    それが市場が求めており、
    工務店がこれから生き残る姿なのではないかと思っています。
    家守無くして工務店に未来は無い。
    新築なのか、
    リフォームなのか。
    営業的にどちらを選ぶのかということではなく、
    工務店は企業としてどうあればお客様の役に立てるのか。
    それをどう成功出来るビジネスモデルに成長させていくのか。
    今こそ真剣に考えなければならないと思っています。
    私たちFC本部はそのためのお手伝いをしていく。
    時代と共にFCのあり方や
    本部の役割も変化していくものだと考えています。

    返信
  4. 錦織

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    戸締り役専務さんへ
    確かに新しいビジネスの軸は必要ですね。
    その必要性を感じ、現在私どもは、リフォームによる全く新しいビジネスも展開し始めています。
    最近現場での結果も出てきています。
    ですので、このモデルをそろそろ工務店さんに
    積極的に紹介していこうと考えています。
    これは、コロンブスの卵的な発想の展開で、
    今までには無かったものですね。
    家守甚五郎のページを見てみて下さい。
    http://iemori.net/
    さて、話は変わりますが、FCは工務店やお客様に必要とされるサービスを提供し、
    それに対して対価を頂くものだと思っています。
    まだまだ本部の利益だけを考えるFC本部が多いようですが、
    その様なFCは終焉を迎える時代に来ているのでは無いかと感じています。
    正当なサービスを提供することでしか
    FCそのものも生き残りは出来ないでしょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です